コープを利用して良かった点悪かった点を一人暮らしの立場から語ります

CMや広告・道路で見かけるCOOPや生協・パルシステムってなに?

一人暮らしでも利用できるの?

メリットやデメリット・利用してみての感想が知りたい

西友ネットスーパーとの違いは?

関東では、テレビのCMなどでコープみらいのCMが流れていたり、街なんかを歩いていると、コープや生協・パルシステムなんて書かれた2tトラックを見かけたりませんか?

引用:https://kosodate.city.hachioji.tokyo.jp/soshiki/kodomonoshiawaseka/ouennkigyou/555.html

配達先のイメージから家族やカップル・夫婦じゃないと利用しづらいのかなー雰囲気がありますよね。

が、一人暮らしで利用しても凄く便利です!!

私も2022年2月から関東にあるコープみらいに加入して実際に商品を届けてもらっていますが、加入する前までと加入した後で感じた

  • そもそも生協ってなに?
  • 西友ネットスーパーと比較
  • 生協を利用して良かった点
  • 悪かった点

ついてまとめましたので、これを見て生協に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

本記事では私が加入している生協「コープデリ連合会」について書いています。

この記事を執筆した人
  • 比較と貯金が好きな36歳一人暮らしおっさん
  • 2020/04月時点で貯金10万以下が現在120万に!
よろしくな!
目次

生協とはなんぞや?

COOPってなに?

まず、最初に生協についてご説明していきましょう。

正式名称を「生活協同組合」といい数ある協同組合の中の一つで、略称として「生協」や「COOP(コープ)」と呼ばれたりしています。

略称としてよく使われる「コープ」は、「協同組合」を表す「Co-operative(コーペラティブ)」の「Co-op」を日本語読みにしたものです。

引用元:生協って?
協同組合とは

共通の目的を持った人同士が自発的に集まって作る経済組織のことを指します。

出資金という形で自分たちで元手を出し合い、組合員となって事業を利用し、組合員として運営にかかわります。

他の協同組合としては、有名なところでは

  1. 農業協同組合
  2. 漁業協同組合

などもありますが、この2つに関してはJAや漁協のほうが理解しやすいのではないでしょうか。

いろんな生協があったりパルシステムとかいうのなんなん?

なんや種類がぎょーさんある!?

生協を調べていくと、都道府県によっては生協と名の付くものや、パッと見「え?なにこれ」と言いたくなるような生協とは違う名前のパルシステムや大学生協などがあり、混乱しちゃいますよね。

私が住んでいる埼玉県にも、

  1. パルシステム埼玉
  2. 東都生協
  3. 生活協同組合コープみらい
  4. 生活クラブ生活協同組合

この4つが存在していて、私も最初は「なんじゃこりゃ!?なにがどう違うんじゃい!」と思ったもんです。

その答えが、日本生活協同組合連合会に書いてあります。

簡単に書くと、

それぞれが生協という大きな枠組みは同じだけど、それぞれ独立した機関のため複数存在する

つまり、パルシステム=生協ってことでOKっすよ。

西友ネットスーパーとの違いは?

さてさて、最近は一人暮らしでもネットスーパーを利用していることも多いのではないでしょうか。

便利ですもんね!

ネットスーパーの中でも一番有名かつ利用率が高いのは、やはり日本全国にある西友でしょう!!

そんな西友さんと生協さんを比べていきましょう。

スクロールできます
配送エリア概ねイケる店舗中心
配送枠定期配送制限付き
オリジナル商品
商品価格やや高い安い
不在配達可能不可
配送料金198円330円
無料配送6,000円(税別)5,500円(税込)
西友と生協の比較

詳しい内容は、良かった・悪かったところでいいますが感想としては、

配送エリアが広くて、不在時にも届けてくれるんで一人でも使いやすくてベンリやね!

ってこと。

良い点

生協に加入してよかったなと思う点は以下の6点です。

良い点
  • 毎週決まった曜日に配送してくれる
  • 思っていたよりも高くない
  • 不在の時にも届く
  • 保冷剤入りで商品がダメになる心配無し
  • 一回の配送料が安い
  • 重いものも運んでもらえる

総じて言えることは、一人暮らしならマジで使いやすくて感動するレベルです。

毎週決まった曜日に配送してくれる

配送枠が無い!!なんてことからオサラバ

加入すると、毎週商品をお届けする曜日と時間が決定します。

これが本当に有難い。

ネットスーパーを利用しようとして、商品を選んでいるうちに配送枠が全滅して結局、買い物に行かなきゃいけなくなるとほんと面倒くさいんですよ…。

それが生協なら確実に「毎週この時間に届けます!!」ってなるので、この面倒くささが排除されるのは嬉しいですね!

また、加入したからと言って毎週利用する必要もなくて、必要な時に発注すればOKな点も良い。

思っていたよりも高くない

生協に加入することを母親に相談した際に、

生協に加入しようかと思ってんだけどどうかな?

良いと思うけど、決して安いわけじゃないよ

と聞いていたんで、どれほど高いんだろうか?と思ってカタログを見てみるとそうでもなかったという印象。

商品名価格(税込み)
本みりん醇良1000ml294円
うどんスープ20袋入り410円
創味のつゆ753円
あじ一夜干し5枚入り429円
さば一夜干し5枚入り486円
一例

もちろん、商品によってはこだわりが強めの商品もあったり、スーパーよりも高い価格のものもありますが、そういうのはスーパーで買えば良いわけで、それは別に生協だからという話じゃない。

母親から言われてちょっと身構えたりしましたが、これなら全然OKといえる範囲でした。

不在の時にも届く

在宅不在問わず確実にお届け

多分、どこの生協も同じだと思いますが、生協は在宅だろうと不在だろうと問答無用で届けてくれます

これ、地味に一人暮らしだと有難いです。

なにがどう有難いのか?と言うと…「土日や平日の予定をつぶす必要が無い」からなんですよ。

ネットスーパーの場合だと、在宅必須なんで、配送することで移動時間が無くなるだけで結局、配送時間は自宅に拘束されるんで予定が潰れることになります。

もちろん、そういうのを避けて利用する手もあるでしょうが、毎回毎回避けられるわけじゃないはず。

それに対して、生協の場合は不在だろうと在宅だろうと決められた日時に届きます

これならプライベートで土日・平日問わず予定がパンパンな人でも買い物の手間がなくなるので有難いということです。

保冷剤入りで商品がダメになる心配無し

在宅不在問わず届けられると不安になるのが「冷凍食品ダメになるんじゃないか?」という点ですが…

冷凍食品や冷蔵食品は発泡スチロールで出来たケースで届けられますし、中にドライアイスや保冷剤が入っています。

上の写真みたいなので届きます。

なお、電話で話したコープデリ連合会の人曰く

10時間は保冷されているので大丈夫です!

マジか、10時間も持つとか平日遅くても平気やん!

ということで、冷凍・冷蔵食品に対するフォローもばっちりということでだいぶ安心感があります。

一回の配送料が安い

配送料が思ってたよりも安い

コープデリ連合会の場合、利用形態ごとに利用する際の手数料が下記のように設定されています。

利用人数利用手数料(税込)
おひとりでご利用198円
おふたりでご利用88円
3人以上でご利用0円

この表だと一回の配達に掛かる利用手数料198円掛かりますが、一度の購入が6000円以上なら無料で届けてくれますし、利用手数料も、他に比べるとずいぶんと安いです。

例えば、西友ネットスーパーの場合は、一回330円で一度の購入が5500円なら無料になります。

が、一人暮らしの買い物で毎回毎回、配送無料ラインに届くなんてことはないので、配送にかかわる料金は安いほうが良いに決まってる。

安いは正義。

重いものも運んでもらえる

ぎっくり腰を回避できる!!

別に生協だけの利点ってわけじゃないけど、ビールやお米を買ったりして自分で持って帰ると何かの拍子に腰を痛めることがあったりするし。

若い時は良いけど歳を重ねると長い距離重いものを持っていくのって大変。

そういう時、玄関前までもってきてくれるのはほんと便利すぎる。

悪い点

良い点に対して悪い点を挙げていきます

悪い点
  • 商品を置く場所が必要
  • 発注からお届けまでタイムラグがある
  • 支払いは引落としのみ
  • 注文しなくても88円の基本手数料が発生
  • 税別6,000円が意外とキツイ
  • 量が思ってたよりも少ない

商品を置く場所が必要

商品は発泡スチロールのケースなどで届けられます。

そのため、それらを置く場所が必要になりますので、場合によっては置けないなんてこともあるかもしれません。

参考までに私の場合は、届いた箱のサイズは「幅38x奥行30x高さ27」で、置かれていたのはガスメーターの真ん前でした。

図で表すとこの位置です。

加入すると、配達員さんが置く場所の確認をしてくれるので、基本的にはそれにお任せしましょうぐらいです。

発注からお届けまでのタイムラグ

初めて利用する人には注意が必要なところです。

カタログが到着して、発注、商品到着までに3週間のタイムラグがあります。

そのため、喫緊で必要な食材や調味料などはスーパーなどを利用したりすることを頭の片隅に入れておきましょう。

実際に私も、至急必要な物はスーパーで買うようにしています。

何事も上手く利用してこそです。

支払いは引落としのみ

クレカ払いNG

コープデリ連合会の場合は、クレジットカード払いに対応しておらず、お支払方法が翌月5日の引落としのみです。

そのため、

  • 楽天ポイントなどのポイントを貯められない
  • 家計簿をつける際に当月引き落し分の金額をどう扱うか?

この辺りが、結構難点かなと思いましたね。

食費って毎月必ず発生していて、ポイントを貯めるある意味絶好の機会なんですけど、その機会が無くなるのはポイ活をしている人にとってはちょっと痛い気がしますが、個人的にそこまでポイ活していないんで特に痛くもかゆくもない。

Money Forward MEで家計簿をつけている身として、どう計上したらいいか悩みましたが、わりとアッサリ解決しました。

支払元を「なし」にして、実際の引き落しは計算に含めなければOKです。

注文しなくても88円の基本手数料が発生

チクショー!!

実際に、使い続けてから分かったことですが、注文を一切しなくても基本手数料として88円が請求されます。

丸々一か月、注文しなければ352~440円ほど出費することになります。

私としては、配送枠が常に確保されている点や不在時も届けてくれるというメリットだけでも352円以上の価値を見出しているのでかまいませんが、人によっては許容できない気がする。

税別6,000円が意外とキツイ

税別6,000円はキツイっすよ~

書き方的には、「1回のご利用金額(本体)6,000円以上で、手数料が無料になります。」と書かれています。

これ、本体とか書いてますが要は「税別6,000円以上で配送無料な!」ってことを言ってて、実質税込み6,600円以上から無料ってこと。

西友ネットスーパーは税込5,500円から無料なのに対してコープデリは税込6,600円から無料なので結構大きい。

実際、利用し始めの1~2回ぐらいは送料無料になるぐらい買いましたが、それ以降は送料無料ラインに行かずに毎回手数料を払っていますね。

量が思ってたよりも少ない

コープデリを含めた生協では、わりと省へのだわりや食への安全などへの意識が強めです。

そのためなのかは、分かりませんが業務スーパーや他のスーパーなどで買える製品よりも量が抑えめの商品も多々あります。

大容量の商品もあるんで全てがすべて割高とは言いませんが、量は思っているよりも少ないかと。

不在時配送ができるんで選択肢として大有り!

定期配送と不在時の配送可能が一人暮らしで泣けるほどべんり!!

良い点
  • 毎週決まった曜日に配送してくれる
  • 思っていたよりも高くない
  • 不在の時にも届く
  • 保冷剤入りで商品がダメになる心配無し
  • 一回の配送料が安い
  • 重いものも運んでもらえる
悪い点
  • 商品を置く場所が必要
  • 発注からお届けまでタイムラグがある
  • 支払いは引落としのみ
  • 注文しなくても88円の基本手数料が発生
  • 税別6,000円が意外とキツイ
  • 量が思ってたよりも少ない

配送枠の心配が無い点と在宅不在問わず届けてくれるの2点が圧倒的すぎると感じましたね。

特に一人暮らしって家事や買い物の以外にも付き合いがあって人によっては平日も休日もが忙しいなんて人もいるでしょう。

すると、不在でも発注さえしておけば勝手に届けてくれる生協のシステムはマジで有難い。

実際、届くじゃないですか。すると、

あーマジで不在でも届くのって便利すぎるだろ…(´;ω;`)

涙が出そうになりますよ…しかも、届いた日にパッと食えるものを買っておくとすぐに飯にありつける。

生協のカタログの中にはちゃーんとミールキットもあったりするんでその辺りも抜かり無しって感じ。

それだけでも感動するレベルなのに、10時間保冷可能だったり配送料がネットスーパーよりも安かったりするんで、今まさに生協を利用している私からすると「生協良いじゃん!」ってなってます。

が、メリットもあればデメリットもあり、そのあたりは臨機応変に近所のスーパーやネットスーパーを利用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次