【レビュー】新しい炊飯器JPV-A100を買ったんで、良かった/悪かった点を書いてく

10年越しに新しい炊飯器を買う

ということで、一人暮らしを始めてからほぼ使い続けて10年経った炊飯器に別れを告げ、新しい炊飯器を購入しました。

色々とみて悩んで結果、3合から5.5合にジャンプアップしたうえでタイガーさんのを選びました。

そのレビュー記事になります。

また、一人暮らしで3合から5~5.5合炊飯器に鞍替えしようと思っている人は先に下記の記事を読んでから本記事を読むことを強くオススメします。

目次

良かった点

新しい炊飯器にして良かった点を列挙していきますが、具体的には5つの点が良かったですね。

良かった点
  • 炊き立てのお米が旨い
  • 思ったよりもサイズに変化が無かった
  • デザインが簡素になってて良い
  • 機能と操作性が簡単で良かった
  • 一度にたくさん炊ける

炊き立てのお米が旨い

炊飯器って値段の幅が広い。

どのメーカーも高級炊飯器を出していてその価格はおおむね、10万円クラスです。
その中でも、有名なのが象印の炎舞炊きですかね。

それと比べると、本製品は32,956円と炊飯器の中ではミドルクラスの製品になります。

平均的な舌の持ち主だと思っている私でも、マイコン式の炊飯器に比べて甘みがあって美味しかった

炊き具合についても、家電量販店の店員さん曰く

タイガーさんはもっちり系で甘みもありますよ

とのことでしたが、確かにその通りでした。

メモリ通りに水を入れるで「極うま」で炊くと、おねばが出て旨みたっぷりのもちもち系でした。

他の炊飯モードで利用したことがあるのは、

  • 少量高速
  • 炊き込み
  • すし・カレー
  • お弁当

この4つになります。

その中でも普段から便利に使わせてもらっているのが、少量高速モードとお弁当モードでしょうか。

驚異の1合15分炊きで炊飯を忘れた時に便利

少量高速炊きが何かと便利

本製品に組み込まれている少量高速炊きは1合なら15分程度で炊きあがります

しかも炊きあがりも中々美味しい。

以前使っていた炊飯器の早炊きでも30分かかっていたので、初めて使った時は驚きました。

よく使うシーンとしては、予約炊飯を忘れたとき。

私の場合、基本的に毎日朝お弁当を作るので、寝る前に予約炊飯しておくのですが、それでもたまには忘れてしまうのです。

今までの炊飯器だと30分掛かるので、予約炊飯を忘れたらもうお弁当を諦めるしかありません…。

が、この炊飯器にしてから15分で炊くので、もしもの時もお弁当を諦めるなんてことしなくて済む。

これがなんとも有難い。

もちろん、美味しさも担保されているので普段からよく使う機能ですね。

お弁当モードは冷めても水っぽくなくて旨い

引用:JPV-A100公式ページより

平日の炊飯は、ほぼ弁当用のためお弁当モードの利用頻度がもっとも多いです。

というのも、職場の電子レンジ利用率が半端ないので、あまり温めて食べる機会がない!

なので、冷めても美味しいご飯というのは重要。

で、このモードだとご飯を炊くと、

  • 冷めてもごはんが水っぽくならず
  • 冷めてても粒立ちしっかりしていて
  • それでいて、甘みをある

という、冷めても美味しいご飯が食べられます。

サイズ感がさほど変わらない

感覚的に5.5合炊きの炊飯器は大きい!!というイメージが先行していましたが、サイズを比べてみるとそうでもないことが分かります。

製品名高さ奥行
ECJ-MS30225195270
JPV-A100257214380

幅や高さが2~3cmで収まっているのに対して、奥行が10cmほど伸びていますね。

そのため、届いた瞬間は奥行の大きさから大きいという印象を抱きましたが、使っているうち気にしなくなりました。

というのも、自宅にある電子レンジ(NE-MS228)の奥行とほぼ同じ+家電用ラックの奥行を45cm確保しているので、弊害が無いというのも大きい。

デザインが簡素になってて良い

炊飯器のデザインって昔から取っ手が必ずついてて、個人的に昔から『邪魔』と思ってたんですよ。

それが、象印さんのSTANシリーズが出てから、メーカーも色んなデザインのを出してきて、この流れに非常に感謝申し上げたい!!

さて、話を買ってきた炊飯器に戻します。

この炊飯器、正直、奇を狙ったようなデザインじゃなくて今まである炊飯器のデザインに取っ手を外した程度のもののように感じます。

が、私はTHE☆炊飯器っていうデザインが好み!!

なので、この点も非常に良かったですね。

機能と操作性が簡単で良かった

シンプルな表示と機能が良い

以前の炊飯器は一人暮らし始めたぐらいから使い続けていたので、かれこれ10年ほど。

修理部品の保有期間も6年と定められていますから、いつかは買い替えしなければなりませんでした。

が、それでも炊飯器を買い替えられなかったのには理由があるんですよ。

それは、

機能が多すぎる問題

買った炊飯器もわりと、機能多いんですけどね…。

ただ、使いたい機能がメインの表示板にデフォルトで書かれているのは良かった。

あと、操作も簡単だったのも気に入った。

  1. 矢印でモードを選択
  2. 炊飯ボタンを押す(無洗米ならもう1回押す)
  3. 終わり

すぐ炊飯するならこれで完了。

予約炊飯なら①と②の間に予約ボタンを押して、”時”と”分”を押して炊きあがり時間をセットして、炊飯ボタンを押せば完了します。

炊飯と予約で手順がさほど変わらないのも良い。

一度にたくさん炊ける

3合から5.5合に変えたので、一度にたくさん炊けるのは当たり前ですが、炊飯する量にも適した量があるのをご存じですか?

前述の店員さんから聞いた話になりますが、

最大炊飯量の7~8割程度で炊くのがベストなんです

ということで計算してみると、

炊飯量ベストな炊飯量
3合2~2.5合
5.5合3.5~4.5合

表のような炊飯量がベストとなるわけです。

一人暮らしでも、私みたいにお米大好き人間やまとめて炊いて冷凍保存しておきたいっていう人は大きい炊飯器のほうが良いでしょう。

それ以外にも、炊き込みご飯の素って多くの場合3合炊きが基準になっているので、炊き込みご飯をよく作るよ!!っていう人にも良いかなと。

悪かった点

続いて悪かった点についてです。

悪かった点
  • あっさりと内釜に傷がついたこと
  • 炊飯の音が思ったよりもうるさい

うち釜に傷がついた

今回買ったJPV-A100は、うち鍋洗米OKとなっていますし、取扱説明書にもナイロンや研磨素材のスポンジはしないように書かれていました。

それには該当しないはずの下記スポンジを利用しました。

が、結果的に傷がつき、もっと柔らかいスポンジで洗っても一か月後にはこんな感じで傷がつきました。

毎日炊いて洗ってを繰り返して1か月でこれぐらい

ただ、傷の付き具合については、たびたび登場する家電量販店の店員さんより

タイガーさんや象印さんはうち釜が剥げやすいようです

と聞いていたので、想定してた部分ではあります。

なので、許容範囲といえば許容範囲なんですが、それでも思ってたよりも早く傷がついてしまって悪かったというよりショックがデカいっす。

炊飯時の音がうるさい

実家でも圧力IHって使ったことが無かったので、人生初の圧力IHでしたが思ってたよりもうるさかった。

本体裏面に配置されているモーター部分が放熱もかねてわりとむき出しだったのも、影響していそう。

下部のファンが見えている部分ですね

実際に炊飯してみると、

うっさ!!

と部屋でつぶやいてしまった程度には、うるさいですので、マイコン式炊飯器から買い替えを予定している人は気を付けたほうが良い。

よく冷蔵庫を買い換えたら、その音がやたらうるさく聞こえた!!みたいな人は注意が必要かなと。

イマイチな点

最後になりますが、イマイチだなーっていう点について書いていきます。

イマイチな点
  • うち釜で洗米できない
  • 洗った時に内ぶたに水が残る

うち釜で洗米できない

内なべ洗米OKとあるが…

今回買った炊飯器は、うち釜で洗米OKとのことでしたが、スポンジ程度で傷が出来てしまううち釜で洗米する気は起きません。

またまた登場する家電量販店の店員さんから

うち釜洗米OKですが、ボウルで洗うのが良いです

とのアドバイスを受け、買う前に母親に電話で

うちの炊飯器、象印だったよね?洗米どうしてんの?

うち?ボウルで洗米してからうち釜に移してるわ

ということだったので、ズボラなうちの母親がやってんなら自分でもできんだろうということで、買ってからうち釜で洗米せずにボウルで洗米するようにしました。

どこにでもあるボウルで洗米しとります!

やってみると、自分には合っていたようです。

というのも、手の大きい自分には5.5合のうち釜は洗米しづらく、大きく広いボウルで洗米する方が圧倒的に楽でした。

ただ、うち釜洗米OKと言いつつ、店員からやめておいた方が良いよって言われるのはちょっと微妙

洗った時に内ぶたに水が残る

普段から洗う場合には、内ぶたと釜の2つだけで済むのは良いんですけど、この内ぶたが少々面倒くさい。

というのも、水が内側のゴムに溜まるもんだから自然乾燥だと水が残りっぱなし。

微かな隙間に水が入り込む

洗い終わっても、内ぶたのゴム部分を少し引っ張って水を排出しきらないといけないのがちょっと微妙だなということでイマイチの判断をしました。

最後に…

最後にまとめと個人的な感想を書いて終わりにしようかと思います。

まず、JPV-A100の良かった点、悪かった点、イマイチな点のまとめになりますが…

まとめ
  • 炊き立てのお米が旨い
  • 思ったよりもサイズに変化が無かった
  • デザインが簡素になってて良い
  • 機能と操作性が簡単で良かった
  • 一度にたくさん炊ける
  • あっさりと内釜に傷がついたこと
  • 炊飯の音が思ったよりもうるさい
  • うち釜で洗米できない
  • 洗った時に内ぶたに水が残る

悪かった点については、店員さんから聞いてたことだったり、マイコン式よりも圧力IH式に炊飯方式を買えた影響なので、個人的には特に悪い印象を持っていません。

いずれも、「さもありなん」って感じですね。

微妙な点についても同様。

なので、個人的には炊飯器を買い換えて良い点ばっかりに目が良く代物でした。

特に、少量炊き対応と高速炊飯が最速15分で済むのは本当に便利で毎日の炊飯が格段に楽になります。

なによりも、炊き立ての白米がうんまい!!

個人的には文句のつけようがない炊飯器でした。

ただ、一言申し上げるなら、

頼むから試食させて

ほんと、炊飯器選びって好みがあるんだけどそれに合致するかって結構重要な要素だと思うんだ。

コロナ前は試食もしてたらしいけど、それも高級機種だけだったようなので、購入しやすいミドルクラスから試食に対応してもらえると炊飯器を買い換えやすくなるのではないかな?と思う。

是非、家電量販店の皆さま検討してください。

お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次